ワキガと脱毛の関係について

人間の皮膚にはたくさんの汗腺があります。特ににおいの原因になる汗腺をアポクリン腺と言います。ここから出た汗に皮膚の汚れや脂が混じって臭いを発生させるのです。これをワキガと言います。ワキガが発生する時期は特に思春期から中年期頃と言われています。それはこのアポクリン腺が成長ホルモンと大きく関係しているからです。しかワキの脱毛をすることによって、アポクリン腺の汗の出口がふさがれて、汗の分泌を低下させるだけではなく、その結果汚れもたまりにくくなってワキガも解消されるのです。独特のにおいがあるワキガですが、脱毛を何回か行うことによって臭いが軽減されると言うことがあります。この他に人間の汗腺にはエクリン腺という汗腺がありますが、ここでは透明で無臭の汗が分泌されるのでにおいがありません。アポクリン腺は人間の体のワキの下の他に耳の穴やお尻や胸の部分に多く存在します。ワキガというのはこのアポクリン腺の数や分泌量が普通よりも多い体質のことを言います。特に白人には多いようです。日本人には比較的少ないですが、ワキガは遺伝すると言うことが分かっています。この他に食生活も大きく関係していると言われ、脂っぽい食事をすると発生する確率が増えるようです。
(参考)アトピーの場合の脱毛は?→http://xn--2ck9csa7097bewj.com/atopi/index.html